先生

他の病気のリスク

脂質異常症

悩み

脂質異常症とは、血液中のコレステロールが多くなりすぎてしまい、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが大幅に高まる疾患です。しかし、脂質異常症になったとしても自覚症状はないため知らず知らずの間に血管に脂質が溜まってしまい、動脈硬化になってしまう可能性もあります。 では、脂質異常症をどうすれば予防できるのかというと、栄養バランスの良い食事が大切になります。遺伝的な要因もあると言われていますが、そうであっても生活習慣を見直すのが最も賢い予防法です。 豆類や野菜、海藻類にはコレステロールを下げる効果があると言われており、これらの食物を意識して摂取するのが良いでしょう。脂質異常症は自覚症状がないため医療機関で検査を受けるしか発見する方法はありません。

脂質異常症ってなーに??

脂質異常症とは高脂血症と同じです。脂質成分の高値だけが問題となるわけでなく、低HDL血症も動脈硬化を促進する重要な病態であることから、脂質異常症と呼ばれるようになりました。 脂質異常症は血管壁にコレステロールなどが沈着し、軟らかく壊れやすい不安定なプラークが形成され、高血圧などの影響によりプラークが損傷を受けると、血小板が凝集し、血栓ができ、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクが高まります。 また、脂質異常症は、原発性と二次性に分類されます。原発性は遺伝子異常を主とし、家族性もしくは特発性の脂質異常であり、通常の摂取エネルギー制限や運動療法を行っても、改善しきれないことが多く、薬物治療の併用が必要になります。二次性は肥満、糖尿病、甲状腺機能低下症、アルコール常飲などによって生じます。肥満やアルコールが原因であれば、生活習慣を改善することで、脂質異常症も改善が期待できます。